節約の話②

節約の話、その2です。

前回は、「食費を節約しすぎて体を壊したら元も子もないよ」ということを書かせていただきましたが、じゃあどこを節約したらいいのか、それは固定費です。

生活費をちまちま節約しても、その効果はあまり目に見えないんですが、固定費を節約するとかなり「やったった!」感がでるので、おすすめですよ。

頑張りがいがあります。

まず、家計の中で一番大きな支出を占めているのは住宅ローンや家賃ではないでしょうか。

住宅ローンを組んでいる方、うちもそうなんですが、ここを見直すのが一番手っ取り早いです。

金利が安い銀行で住宅ローンの借り換えをすると、毎月の返済額は1万円以上違ってきますから、大きいですよ。

どこの銀行も今はWEB上で、借り換えした場合のシュミレーションができるようになっていますので、申し込みをする前にいろんな銀行のシュミレーションをやってみてから申込みましょう。

注意したいのは、諸費用ですね。

これが銀行によって様々で、借り換えした時に住宅ローンと一緒に諸費用もローンが組めるところもありますが、毎月の返済額がその分アップしてしまいます。

でもまあ、毎月の返済額はそんなに減らなくても、トータル返済額が百万円単位で変わってくるならやはり私は借り換えをおすすめします。

数百万円って貯金しようと思ったらかなり大変ですよね。

もったいない話ですから。

賃貸で家賃を払っている方は、もう少し家賃が安いところへ引っ越すというのも方法だと思います。

通勤などもろもろの事情で引越しすることが難しい場合は、他の固定費を削ることを考えましょう。

ローンを組んでいたり、借金がある場合は、返済を最優先にしましょう。

そして案外馬鹿にならないのが携帯料金です。

ほとんどの方がスマホを利用していると思いますが、スマホって高くないですか??

私は高いと思います。

スマホを持ったら、パケ放題もつけないといけないし、通話とか何もしなくても持っているだけで毎月7,000円は必要ですからね。

私は実家の親と同じキャリアなので、ファミリー割引を適用しています。

だからキャリアを変えるのはちょっと面倒なので、今のキャリアでスマホを1つ持ちつつ、格安スマホを1台持っています。

格安スマホは最初よくわからなかったので、通話付きのモノを契約しました。

機種代込で、3,980円です。

2年で機種の代金を支払い終わるので、その分安くなりますし、キャリアスマホを通話専用にしているので、次回はネット回線だけの格安スマホにして3,980⇒980円にしたいと思っています。

これなら2台(正確には子供が1人キッズ携帯を持っていますのでその料金も含め)で3,000円くらいになるんですよね。

格安スマホを半年ほど使っていますが、特になんの不自由も感じません。

通信費を抑えたい方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す